2017年05月21日

最後の電王戦

将棋についてですが、プロ棋士と将棋ソフトが対戦する
電王戦が今回で最後になるそうですね。

最後は佐藤天彦名人と将棋ソフト「PONANZA(ポナンザ)」との
対戦(2番勝負)で、PONANZAの連勝で幕を閉じました。

今までの形式の電王戦は最後とのことなので、
違った形式で行われるのでしょうか・・・。

プロ棋士が将棋ソフトの戦い方を研究することが
多くなっているようで、そこからまた定跡が生まれる
ことでしょう。

将棋は奥が深いですね。

ちなみに私は無料ソフトと対戦して、ちっとも勝てません。
勝てるのはいつの日になるやら、さっぱりわかりません。

ヒヒーンの部屋 (まぐまぐマガジンID:0000150220)
メールマガジン登録
(↓メールアドレスをご記入下さい))





posted by ヒヒーン | バンコク ☀ | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。
ランキングから来ました☆

プロ棋士が将棋ソフトの戦いを研究しているとは…今はそんな時代なのですね…全く知りませんでした^^;
とっても興味深い話です。
本当に奥が深いですね〜

また楽しみにしています。
Posted by よっしー at 2017年05月21日 23:21
はじめまして。しゃんしゃんです。
将棋で人はコンピューターになかなか勝てないんですね。名人ですら勝てないとはコンピューターは強すぎます。
Posted by しゃんしゃん at 2017年05月24日 22:03
>よっしーさん

書き込みありがとうございます!

将棋だけでなく、囲碁でもプロが勝てなくなっているとか。
囲碁や将棋のソフトはプロにとっても研究するのに
値する存在になっているようですね。
Posted by ヒヒーン at 2017年05月28日 10:15
>しゃんしゃんさん

初めまして!書き込みありがとうございます!

ちょっと前までは、持ち駒を利用出来る将棋で
コンピュータが勝つのは難しいと言われて
いたものですが。

それを覆す進歩にただビックリするばかりです。
Posted by ヒヒーン at 2017年05月28日 10:24
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック